前へ
次へ

不動産売却には、税金が掛かります

不動産売却時には譲渡所得税に印紙税、住民税という3種類の税金が掛かる為注意が必要です。売買契約書を作成する際、金額に応じた収入印紙を貼付しなければなりません。売買契約書は通常、売主及び買主が1通ずつ所有する形になります。従って不動産売却時にはそれぞれ(売主、買主)が、印紙代(通常5千円から3万円程度)を負担しなければならないという事実を、事前に把握しておくようにしましょう。不動産売却後に利益が出た場合、確定申告を行うと同時に譲渡所得税を、支払わなければなりません。不動産売却価格が購入価格より安い、または売却によって損が出た時は、譲渡所得税を払う必要がありません。確定申告を行った後、市区町村は住民税を計算し、売主側へ通知します。こういった税金について、一切考慮しないまま不動産売却の計画を立てると、手元に残る金額が予想していた以上に、少なくなってしまう可能性も否定出来ません。不動産売却によって得た資金を、新居購入等の支払いに充当しようと考えている場合は、注意が必要です。税金の計算方法は、非常に複雑ですから正確な税額が知りたい場合、仲介会社に問い合わせたり税理士、税務署へ相談するようにして下さい。

Page Top