前へ
次へ

不動産売却の仲介と買取の違いとは

不動産売却をするときに、不動産会社のサポートを受けるケースが多いですが、仲介か買取の何方かを選ばないといけないです。不動産売却で仲介を選ぶ場合は一般人のお客さんに不動産会社が仲介する状態で不動産を購入して貰うことになり、買取の場合は不動産会社に買って貰うことになるので大きな違いがあります。不動産売却は買取のほうが基本的に安く買われることになるので、仲介を利用したほうが利益を確保しやすいです。ただ仲介の場合は手数料を負担しないといけないので、その点も買取とは違いがあります。ただ不動産売却で発生する仲介手数料の上限は法律で決められているので、法定外の金額で手数料を負担するような心配はありません。不動産売却をするときに仲介を選んだほうが必ず高値で売れる訳ではなく、一般人の買い手を見つけないといけないので、買い手が見つからない場合は売却するのは不可能です。そのため買い手が見つからないような場合は不動産売却をするときに買取のサービスを利用したほうが、スムーズに不動産を手放すことができます。

Page Top